2017年9月24日日曜日

全国都道府県委員長会議の報告(2017年9月21日)

9月28日に召集される臨時国会冒頭で、安倍首相が衆議院を解散し、総選挙となる可能性がきわめて濃厚になりました。総選挙は、10月10日公示、22日投票となることが想定されます。

1月に開催した第27回党大会では、総選挙について二大目標を決定しています。(1)野党と市民の共闘を発展させ、総選挙でも選挙協力を行い、衆議院における「改憲勢力3分の2体制」を打破し、さらに自民・公明とその補完勢力を少数に追い込むことをめざす。(2)2013年参院選に始まり、14年総選挙、15年統一地方選、16年参院選と続いている日本共産党の“第3の躍進”を大きく発展させる。

 この二大目標を何としても達成することを揺るがずに堅持して、歴史的総選挙をたたかいぬく決意を、まずみんなで固めあいたいと思います。

そこで今日、この会議で意思統一したい中心点は、野党共闘の「様子見」に陥ることなく、全党がただちに臨戦態勢を確立し、当面の政治論戦の中心点をつかんで、「比例を軸」にした日本共産党躍進のために、ただちに全有権者を対象とした大量宣伝、対話・支持拡大に打って出る――ここにあります。わき目もふらず打って出て、日本共産党躍進の大波を全国でつくりだす。これが今日の会議の中心点です。そのことが共闘を成功させる最大の力にもなることを、まず強調したいと思います。

2016年7月15日金曜日

第24回参院選比例区 選挙戦を戦ってのごあいさつ

 参議院選挙で、後援会のみなさんとしっかり力をあわせ、市民・野党との共同を広げ、神奈川、千葉、山梨の3県の比例票を17万8千票もふやすことができました。歴史的な前進をはたせたことは、候補者の一人としてうれしい限りです。
 残念ながら私は当選に至りませんでしたが、比例候補としての1年4ヶ月、南関東の3県、全国のみなさんに支えられ、駆け抜けることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 次のたたかいの焦点は「憲法」です。この選挙中にうまれた3人目の子どもに、戦争への道は絶対に止めると誓いました。憲法9条を無傷のまま、次の世代に手渡すために引き続き力を尽くす決意です。

2016年7月14日
 日本共産党 椎葉かずゆき

第24回参院選選挙区 選挙戦を戦ってのごあいさつ

 10日投開票の参議院選挙で、神奈川では、比例得票が18年ぶりに50万票を超え、神奈川選挙区でも、私、あさか由香に、前回票を超える487,729票が寄せられました。
 猛暑や雨のなかで奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、支持者のみなさんに、心からの感謝を申し上げます。
 同時に、議席に届かなかったことは、私の力不足であり、お詫びいたします。
 選挙中は憲法改悪の意図を隠していた安倍政権は、選挙が終わると改憲を言いだしました。それだけに、これから憲法を守るたたかいが重要になってきます。
 さらに、今回の選挙は、無党派のみなさんをはじめ、自分のこととして、初めて選挙にかかわってくれた若者が大勢いました。これは、これからの希望です。
 私、あさか由香は、「安保法制=戦争法」廃止、憲法守るとりくみを強めるとともに、社会保障の充実や「八時間働けばふつうに暮らせる社会」をつくるための活動など、公約実現のために取り組んでいく決意です。ご一緒に頑張りましょう。

2016年7月12日 
日本共産党選挙区候補 あさか由香

2016年7月14日木曜日

参議院選挙の結果について

2016年7月11日 日本共産党中央委員会常任幹部会

(1)
 7月10日投開票でおこなわれた参議院議員選挙は、「自公と補完勢力」対「4野党プラス市民」という対決構図が鮮明となり、野党と市民が力をあわせてたたかう、戦後かつてない選挙となりました。この選挙でわが党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という二つの大目標を掲げてたたかいました。

 野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。全国32の1人区すべてで野党統一候補を実現し、11の選挙区で激戦を制して自民党候補に勝利したことは、きわめて重要な成果です。多くのところで、無党派層の6割、7割の得票を獲得し、「1+1」が「2」ではなく、それ以上となる“共闘効果”が発揮されました。このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。

 日本共産党は、比例代表選挙で5議席を獲得し、選挙区選挙では東京で当選を勝ち取り、改選3議席を6議席へと倍増させ、非改選とあわせて14議席へと前進しました。とりわけこのなかで、比例代表選挙の得票が、躍進した2013年の参院選と比べて、515万4千票(得票率9・68%)から、601万6千票(得票率10・74%)へとさらに前進したことは重要です。

 野党共闘と日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、風雨と猛暑の中で奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。

(2)
 選挙戦では、安倍首相を先頭に、激しい野党攻撃、日本共産党攻撃がおこなわれました。一国の首相が、日本共産党を名指しして連日攻撃する選挙というのは、かつてない異常なことでした。それは、野党共闘に本格的に踏み込み、政権打倒に全力をあげるわが党に対する、支配勢力の強い危機感、恐怖と憎悪を示すものでした。

 わが党は、「野党共闘は野合」とする自公の攻撃に対し、「立憲主義を取り戻す」という野党と市民の結束の大義を太く示して断固たる反撃をおこないました。

 自衛隊問題を利用した反共攻撃に対しても、わが党綱領が明らかにしている自衛隊政策を堂々と示すとともに、「海外で戦争する国」づくりを許すかどうかが選挙の真の争点であることを明らかにし、正面から反撃しました。

 今回の選挙での野党共闘と日本共産党の前進は、こうしたかつてない激しい野党攻撃、反共攻撃と正面からたたかって勝ち取ったものであるところに、とりわけ大きな意義があると考えるものです。

(3)
 日本共産党は、「安倍暴走政治の全体にノーの審判を下し、チェンジの意思を示そう」と公示第一声から一貫した論戦をおこない、安保法制=戦争法と憲法改定の問題を選挙戦の大争点に押し上げました。「アベノミクス」の破綻について根本から明らかにし、抜本的対案である「三つのチェンジ」を語りぬきました。野党と市民の共同に力をつくす党の値打ちを押し出し、「政治は変えられる」という希望を語ったことは、多くの国民に期待と共感を広げました。

 選挙の結果、改憲勢力が議席の3分の2を占めましたが、自公は選挙戦で「憲法隠し」に終始し、国民は改憲への「白紙委任」を与えたわけでは決してありません。

 わが党は、今回の選挙で得た国会での新たな地歩を生かし、掲げた公約の実現へ、国民のみなさんとともに力をつくします。

(4)
 今度の選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を一体に追求する最初の挑戦でした。私たちは、ともにたたかった野党と市民のみなさん、支持者や党員のみなさんのご意見に耳を傾け、しっかりと教訓を引き出し、今後のたたかいに生かしていく決意です。

 とりわけ、私たちは党の自力の問題を痛感しています。比例代表選挙での601万票余の獲得という貴重な結果は、たちあがった党員と支持者のみなさんの猛奮闘によるものですが、選挙勝利のためにやるべきことをやりきれずに開票を迎えたことも事実です。党の力が、いまの情勢が求めるものに追いついていない、そこには大きなギャップがある―これがこの選挙をたたかっての私たちの実感です。

 野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます。私たちは、今日の情勢が求める強く大きな党をつくる仕事に、新たな意気込みでたちあがる決意です。

2016年7月9日土曜日

”私はあさか由香に投票します。”のポスターです。 投票日。明日。

「学生時代からずっと2人の夢。生きていることを楽しめる社会に。」 Final 親友とずっと話してきたこと